医師に相談する|膣のゆるみはトレーニングで治療できる┃医師に相談する

膣のゆるみはトレーニングで治療できる┃医師に相談する

医師に相談する

悩む女性

小陰唇とは、女性の陰部にあるヒダ状の部分のことをいいます。この部分は、陰部を細菌や外部の刺激から守る役目を果たしています。そのため、非常に大切な部分といっても過言ではありません。小陰唇は、生まれたばかりの時期はあまり目立ちませんが、大きくなっていくうちにホルモンバランスの関係で成長する部分です。そのため、人によって大きさが異なる部分なのです。この部分は、普段は人の物を見ることなどないので、自分の小陰唇が大きいのか小さいのか分からないでしょう。一般的には、幅が二センチ程度で長さは七センチ程度が平均と言われています。しかし、この大きさよりも大きい人もいます。そういった人は、自分の小陰唇が肥大しすぎているんじゃないかと不安になるでしょう。ですが、この部分が大きいからと言って健康に害はありません。

小陰唇肥大だからといって、健康に害はありませんが人によっては、生活に支障をきたす場合もあります。例えば、細身のジーンズや下着を履くと痛みが生じたり、生理用ナプキンが擦れたり、座ったときに違和感を感じる場合もあります。こういった事が原因で、小陰唇肥大の人は、陰部が黒ずみやすく、臭いが気になる場合もあるのです。こういった事に悩んでいる人は、まず医師に相談してみて下さい。小陰唇肥大の治療は手術することで治すことができますが、費用もかかりますし、ダウンタイムも必要になります。そのため、治すのには時間とお金が必要になるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加